Searchina

メニュー

ニュース

愛国心で中国産バイクを買ったらすぐに壊れた・・・日本製にかなわない理由が良く分かった=中国メディア

2017-04-21 08:12

 中国メディア・今日頭条は18日、「どうして国産のバイクは日本のヤマハ、カワサキ、スズキ、ホンダにかなわないのか」とする記事を掲載した。記事は、国産バイクを購入した中国人ネットユーザーの体験談から、その理由を考えるヒントを提供している。

 記事はまず、「愛国心から国産ブランドのバイクを購入した」という1人目のユーザーの体験談を紹介。「後で知ったが、多くの人がそのブランドを知らなかった。そして、時速50キロメートルを超えるとガマンならないほど振動し、塗装や骨組みの作りが輸入車や合弁車とは比べ物にならないほどひどかった。全体の質が絶望的だった」としている。

 さらにこのユーザーによると、購入から1カ月後にはヘッドライトやウインカーの電球が焼き切れ、2カ月たたないうちにスタータークラッチが壊れたという。メーカー保証が受けられたものの部品がないため1カ月預かりとなった挙句、ようやく戻ってきたと思ったらまたすぐに壊れ、「別メーカーの部品がいいよ」と言われてお金を払い交換したものの、やはり2週間ほどで壊れたという。

 このユーザーは「これ以降、二度と国産ブランドのクルマを買おうと思わなくなった。自分は非愛国者ではないが、こんな品質でヤマハやカワサキ、スズキ、ホンダにかなわないのは当たり前以外の何物ではないじゃないか」と感想を述べた。

 記事はまた、別のネットユーザーが「日本のブランドがなければ日本のバイクは成り立たない。仮にエンジンが日本製だったとしても、そこに国産部品が組み合わされていればそこが弱点になる。例えば、塗装とか、ブレーキとか、タイヤとか、ケーブルとか、軸受とか・・・」と語っていることを併せて紹介している。

 ネットユーザーの話には誇張があるかもしれない。ただ、もしその話が現実に近いものだとすれば、中国国内にはすぐ故障する危険なバイクがなおも存在することになる。中国産外国産云々の前に、この状況を改善しなければならない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)
そういうことだったのか・・・日本を訪れて「運転マナー」の大事さを理解=中国

そういうことだったのか・・・日本を訪れて「運...

中国人が不買運動で見せる「日本人と違った団結力」、韓国車は復活できるか=中国報道

中国人が不買運動で見せる「日本人と違った団結...

「男子も女子も」キャンパス内ではミニスカートとショートパンツ禁止 6月22日の中国記事トピックス

「男子も女子も」キャンパス内ではミニスカート...

日本で開かれた「食育展示会」に行ってみた・・・学ぶべきことがたくさんあった!=中国メディア

日本で開かれた「食育展示会」に行ってみた・・...

中国でも大人気! 世界初の「スリ防止リュック」ミニサイズが日本初上陸

中国でも大人気!...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ