Searchina

メニュー

ニュース

サッカー観戦で訪日した中国人「試合内容より、同胞に伝えたいと感じたことがある」=中国報道

2017-04-27 10:12

 非常に多くの中国人が日本を訪れているが、観光や買い物が目的ではなく、商談や視察が目的という中国人も多いだろう。訪日の目的が異なれば、同じ日本でも見えてくるものが大きく違ってくるのは当然のことだ。

 では、さまざまな分野で広い知見を持つジャーナリストの職に就いている人であれば、日本を観察した時にどのようなものが見えてくるのだろうか。中国メディアの百度百家は23日付で、中国人ジャーナリストが観察した日本について紹介する記事を掲載した。

 この中国人ジャーナリストは、中国人の友人たちとAFCチャンピオンズリーグの川崎フロンターレと広州恒大の試合を観戦するため、中国から等々力陸上競技場にまで足を運んだというが、試合内容そのものよりも「読者に伝えたいと感じたこと」があるようだ。

 中国人ジャーナリストが「読者に伝えたいと感じたこと」の1つは、等々力陸上競技場に向かう道中に観察したという新国立競技場の建設風景だ。たとえば建設現場の各ゲートに工事車両の出入りを管理する警備員が配置されており、通行人に対して非常に礼儀正しく接しており、工事車両が通行人を傷つけることのないよう気を抜くことなく警備にあたっていたと紹介した。

 また建設現場が巨大であるにも関わらず、中国の建設工事に付きものである「舞い上がる砂埃」や「土埃が見当たらなかった」として非常に驚いたと説明。さらにその理由に関して、すべてのトラックは建設現場から外に出るときにはボディーを洗浄していたと紹介し、「小さなことに思えるかもしれないが、これが日本人の働き方なのだと知った」と絶賛、このような小さなことでも疎かにせず、真面目に取り組むことができるのであれば、東京オリンピックも必ず成功するに違いないとの見方を示した。

 中国の工事現場には基本的に警備員が存在しない。工事現場の近くを通る通行人は自分で自分の身を守る必要がある。中国人ジャーナリストは、警備員の存在やその態度、また砂や土を飛散させないために努力するという点から、「些細なことでも、仕事に努力を惜しまない日本社会の特長」を見て取ったようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
これが文明国なのか・・・日本で「文明国とは如何なる存在かを知る」=香港

これが文明国なのか・・・日本で「文明国とは如...

中国と違って「日本のマンホールの蓋は危険どころか、こんなに美しい」=中国メディア

中国と違って「日本のマンホールの蓋は危険どこ...

参加35社で「証券コンソーシアム」発足、主要証券が揃ってDLT活用のサービス基盤を研究

参加35社で「証券コンソーシアム」発足、主要...

日本政府が行ったアフリカ市民の対日調査、その結果に日本世論は・・・=中国メディア 

日本政府が行ったアフリカ市民の対日調査、その...

中国の技術力が劣る分野、その世界最先端には日本がいる=中国メディア

中国の技術力が劣る分野、その世界最先端には日...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ