Searchina

メニュー

ニュース

どうして日本人は、マンホールの蓋に「絵」を描き始めたのか=中国メディア 

2018-04-16 15:12

 四川省の大学のキャンパスではこのほど、中国の発展ぶりをマンホールの蓋の上で表現するマンホールアートのイベントが開かれたという。イベントは今年で3回目とのことだが、マンホールの蓋に絵を描くという発想のヒントになったのは、おそらく中国でも話題になった日本の「ご当地マンホール」だろう。

 中国メディア・36Krは、「日本では、どのようにしてマンホールの蓋の文化が起こったのか」とする記事を掲載した。

 記事は、「普段、地面に敷設されているマンホールの蓋が人の注意を引くことはほとんどない。ましてや、マンホールの蓋と『文化』を結び付けることは難しいだろう。しかし日本では、マンホールの蓋が都市の名刺代わりになっており、都市文化の一部分と化しているのだ」と説明。日本にある約1780の自治体のうち95%が独自のデザインの蓋を使用しており、その半数以上が地元のシンボルである草花や樹木のデザインを採用し、他にも動物、著名スポット、物語などが題材に用いられていると紹介した。

 そして、日本にはすでに6000種類を超えるマンホールの蓋のデザインが存在するほか、マンホールの蓋の博物館まであるとし、もはや芸術の域に達しており、特殊な文化を形成していると伝えた。

 そのうえで、芸術的な「ご当地マンホール」の文化が生まれたのが1980年代で、建設省の官僚によるアイデアだったと紹介。下水道システムの整備に莫大な費用がかかり、国民から十分な注目と支持が得られていなかったことを鑑み、建設省の官僚がマンホールの蓋に各地の特徴を描き入れ、より多くの注目を集めるようにすることを思いついたと説明している。

 記事は、「取るに足らないマンホールだが、われわれに多くのことを教えてくる。観光分野では、いかにして各地域の特色や価値の高めていくかという点で、デザイン分野では地域の特色や文化を盛り込んだ新たなデザインを生み出していくという点で参考になる。さらに、市民の参画といった点についても都市文化の発展のヒントになる」と論じた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)
日本の世界最強のパスポートが映し出す「真実の姿」、「中国人はこれ以上自分を騙すな」=中国

日本の世界最強のパスポートが映し出す「真実の...

中国で循環農法を教えた日本人男性、ゆるぎない信条に称賛の声=中国メディア

中国で循環農法を教えた日本人男性、ゆるぎない...

日本モバイルゲーム市場で中国ゲームが4位に躍進 「驚くべき商業的可能性がある」=中国メディア

日本モバイルゲーム市場で中国ゲームが4位に躍...

普通の日本人の日常生活に目を向ければ「親近感を抱いてしまう」=中国メディア

普通の日本人の日常生活に目を向ければ「親近感...

中国が育てた「狼」たちが成長した! 日本の卓球選手の驚くべき成長ぶり=中国メディア

中国が育てた「狼」たちが成長した!...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ