Searchina

メニュー

ニュース

「目利き」ができなくても安心して買える日本の果物は「すばらしい」=中国メディア

2018-07-12 16:12

 連日暑い日が続き、夏の果物が美味しく感じられる季節になってきた。中国でもさまざまな果物が販売されていて、日本よりも安く買い求めることができる。だが、中国で販売されている果物は形が整っていなかったり、味が悪かったりするものが多く、消費者に「目利き」の能力が求められる。

 中国メディアの快資訊は11日、「日本の果物はどこがすばらしく、学ぶに値するのか」と題する記事を掲載し、日本で販売されている果物について紹介している。日本では果物の価格が中国と比較して高いと言われているが、それでも日本の果物は世界一流であると伝えた。

 日本の果物のどのような点が世界一流であると感じるのだろうか。記事は、販売される際に商品名のみならず、産地や生産者の名前もパッケージに表示されていて、消費者が安心して購入することができる点を指摘。さらに、長い年月を費やして品種改良を行い、より良い果物を生産しようと努力している点や、植物園で展示しているかのような「生産管理」もすばらしいと称賛した。

 さらに、日本の果物農家の規模は比較的大きく、機械化も進んでいることも「中国人から見るとすばらしい」と感じる点であると主張したほか、色や大きさなどで規格化を進め、味も保証されている点を挙げ、「日本で販売されている果物の値段は高いが、高いなりの理由があるのだ」と紹介している。

 国や地域が変われニーズも変化するもので、日本の生産方法がそのまま中国で通用するかは別問題だが、より良い商品をより多く生産したいという点では一致していることだろう。中国の農産物の質も向上してきているが、今後の更なる成長に向けて日本から学べる点は多々あるはずだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
日本は中国を捨て、東南アジアに・・・、「よせ! わが国の方が将来性あるぞ」=中国

日本は中国を捨て、東南アジアに・・・、「よせ...

小学生たちの集団登校が、外国人観光客にとって「見どころ」になっている=中国メディア

小学生たちの集団登校が、外国人観光客にとって...

日本と中国の「道路」を比較、「わが国の道路関係者は赤面するはずだ」=中国メディア

日本と中国の「道路」を比較、「わが国の道路関...

アリババ「独身の日」流通総額は約3.5兆円! サントリー「響」3秒で完売、輸入品No.1は日本

アリババ「独身の日」流通総額は約3.5兆円!...

	中国の故宮より20年早く作られた韓国の王宮が、世界的に有名になれない理由=中国メディア 

...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ