Searchina

メニュー

ニュース

われわれが今直面しているのは、日本もかつて経験した「産みの苦しみ」なのだ=中国メディア

2018-08-10 16:12

 中国メディア・東方網は8日、「日本のかつての現象を、中国は現在経験している最中だ」とする記事を掲載した。記事によれば、中国はまさに今、世界による偏見から脱却し、新たな繁栄とリスペクトを勝ち取るための「産みの苦しみ」を味わっている最中なのだという。

 記事は「日本が清潔な国というのは世界的にとても有名だ。先日閉幕したサッカー・ワールドカップでは日本のサポーターが観客席のゴミを自発的に拾っていた。1万人規模の音楽フェスティバルが終わっても、会場にはゴミが散乱していないという。そして、日本の街は、永遠に新しいかのようにきれいだ」とした。

 そのうえで「しかし、日本の清潔さは最初からそうだったわけではない。かつては今の中国と同じか、もしくはもっとひどい状況だったのだ。日本のGDPが世界2位に躍り出たころ、日本国民のモラルは経済成長についていかなかった。社会全体がまだ『汚い、乱雑、劣悪』な段階に留まっていたのだ。トイレは悪臭が立ち込め、街にはゴミが散乱し、所かまわず大小便され、川も汚れていた」と伝えている。

 そんな日本が変わるきっかけになったのが、1964年の東京五輪開催だったと記事は指摘。外国人が多くやってくる前で恥はかけぬと東京都内で大規模な環境整備が展開されたとした。「当時の欧米人にとって、日本人はアジアの教養のない成金集団だったのだ。日本では90年代に入ってようやく清潔を愛する習慣ができた。約30年近い時間がかかったのである」と説明した。

 記事は「ちょうど今、欧米人の多くが、かつての日本人に対するのと同じようなまなざしを中国人に向けている。現在中国が経験している産みの苦しみは、まだある程度の期間続くかもしれない。しかし、今のわれわれにはかつての日本のように30年もの時間は必要ないと信じている。近い将来、中国人のみんなが文明人になることだろう」と結んでいる。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)
米国と争う中国とEUと対立する英国が急接近、中国最大の商談会は「脱米国」に舵

米国と争う中国とEUと対立する英国が急接近、...

車いすの母と日本を訪れた香港人が「深く感心し、感動した」と語った理由=中国メディア

車いすの母と日本を訪れた香港人が「深く感心し...

日本人は勤勉かつ堅実、この国民性とノーベル賞受賞は関連性あるの? =中国

日本人は勤勉かつ堅実、この国民性とノーベル賞...

どうして日本の子どもたちはこんなに礼儀正しいのか、なぜならそれは・・・=中国メディア

どうして日本の子どもたちはこんなに礼儀正しい...

飛行機を降り立った瞬間に「高い次元の文明」を感じる日本=中国メディア

飛行機を降り立った瞬間に「高い次元の文明」を...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ