Searchina

メニュー

ニュース

日本の高齢者が羨ましい・・・わが国の高齢者は「孫の世話に忙殺」=中国メディア

2018-08-11 15:12

 中国でも核家族化が進んできているとはいえ、中国人の高齢者にとっては定年退職後には孫の面倒を見るというのが一般的な余生の過ごし方となっている。孫と一緒に過ごす時間は楽しいのではないかと思われがちだが、孫の世話に忙殺されることを嫌がる中国人高齢者もいるようだ。

 近年の科学技術の発達により、中国にいながら世界各国にいる高齢者の余生の過ごし方を知ることが出来るようになっているが、中国メディアの快資訊は7日、「日本の高齢者の生活が羨ましい」という記事を掲載し、日中で高齢者の日常の過ごし方がどのように異なっているかを紹介している。

 中国でも少子高齢化が社会問題となりつつあるが、祖父母が孫の面倒を見ることが中国では伝統的かつ一般的な習慣となっている。一方、記事は「現代の日本では3世代が同居する家族は少なくなっている」とし、仮に同居することとなったとしても二世帯住宅という形で、異なった玄関から入り、家の中も別々というケースが増えていると紹介した。

 また、日本では高齢化が深刻な問題となっているため、定年退職の年齢が65歳で中国よりも10年も遅いが、定年退職後に自分でお店を開くなど、好きなことをする人が多いと紹介。さらに、中国では年老いた親を介護施設に入れることは「親不孝」だと見られるが、日本では介護施設に入れることは幸せなことであると紹介している。

 これに対して中国のネットユーザーからは定年退職後に自分の好きなことを行うことができる日本の習慣や文化を羨む声が寄せられた。中国でも高齢化が社会問題となっており、ずっと働きづめだったのに「定年後は孫の世話に追われて、ゆっくりできない」ことを嘆く人が増えているようだ。中国人の平均寿命は伸び続けていることから、今後は定年退職後にどのように余生を楽しむかが高齢者の大きな関心事となっていくことだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
中国では絶対にありえない! 「日本にはザリガニが増えすぎて困っている場所があるらしい」=中国

中国では絶対にありえない!...

中国人が日本で「痴漢防止」のポスターを見て驚きを感じた理由とは=中国メディア

中国人が日本で「痴漢防止」のポスターを見て驚...

中国人の家に必要不可欠な「あれ」が日本人の発明品だったとは! =中国メディア

中国人の家に必要不可欠な「あれ」が日本人の発...

中国との断片的な比較では分からない、日本の本当の強さとは=中国メディア

中国との断片的な比較では分からない、日本の本...

心身ともに自立し、生き生きと働く日本の高齢者は「幸せなのかもしれない」=中国

心身ともに自立し、生き生きと働く日本の高齢者...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ