Searchina

メニュー

ニュース

どうして日本の女性は、化粧ができないと生きていけないの?=中国メディア

2018-10-11 12:12

 中国メディア・東方網は9日、「どうして化粧ができない女性は日本では生きていけないと言われるのか」とする記事を掲載した。

 記事は、「中国では今、多くの若い女性が化粧するようになった。中には中高生も化粧をたしなむようになってさえいるのだが、その一方で一部の女性は化粧をしないスタイルを貫いている」と紹介した。

 そのうえで、隣国の日本では女性は基本的に化粧をし、外出して人と会う場合でも、日常でも自分の顔にメイクを施すとしたほか、日本では化粧ができない女性は生きていけないと言われると指摘し「それはなぜなのか。日本の女性にとって化粧は一体どれだけ重要なのか」と疑問を提起した。

 その回答として記事はまず、中国と日本では観念が異なり、日本の女性は化粧をしてこそ相手へのリスペクトが示せると考えている点を挙げた。「上手に化粧をすることで見た目がさらに美しくなるほか、活気もあるように見え、自分のベストな状態を他人に見せることができる。これが、他人に対するリスペクトになるのだ」と解説している。

 続いて、日本には非常に多くの化粧品が存在することも、日本の女性たちを「化粧好き」にさせる要因になっていると説明。また、昨今ではネット上で高い化粧テクニックを披露するカリスマが出現し、特に低年齢層を中心とする女性が模倣を行うようになったとした。

 さらに、日本には単に化粧品が買えるだけでなく、メイクのアドバイスをしてくれる化粧品店があるとし、「多くの人が自分は化粧が下手だと思う一方で完ぺきなメイクをしたいと思っている。そこでこのような店に行き、自分にぴったりのメイクができるようメイクのプロに手伝ってもらうのだ」と説明している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)
中国人には理解できない? 「日本人はなぜ今も手帳を使うの?」=中国メディア

中国人には理解できない?...

日本は中国を捨て、東南アジアに・・・、「よせ! わが国の方が将来性あるぞ」=中国

日本は中国を捨て、東南アジアに・・・、「よせ...

小学生たちの集団登校が、外国人観光客にとって「見どころ」になっている=中国メディア

小学生たちの集団登校が、外国人観光客にとって...

日本と中国の「道路」を比較、「わが国の道路関係者は赤面するはずだ」=中国メディア

日本と中国の「道路」を比較、「わが国の道路関...

アリババ「独身の日」流通総額は約3.5兆円! サントリー「響」3秒で完売、輸入品No.1は日本

アリババ「独身の日」流通総額は約3.5兆円!...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ