Searchina

メニュー

ニュース

日本の夜の街を見て「人が全然いないではないか」と衝撃を受ける中国人=中国メディア

2018-11-07 14:12

 日中の文化や生活習慣の違いは多岐にわたるが、日本を訪れた中国人は意外な場所で「日本人と中国人の価値観の違い」を知って恥ずかしくなるのだという。中国メディアの快資訊は3日、「なぜ日本の夜の街はこんなに人が少ないのか」と疑問を投げかけ、そこには日本人の仕事に対する考え方が反映されていると伝えている。

 日本を訪れる中国人観光客が増加しているが、多くの中国人は「日本の夜の街」にも楽しみと期待を抱いている。なぜなら、中国は昼間の喧騒もさることながら、夜は仕事を終えた人々が街に繰り出し、食事をしたり、露店の美味しい匂いに誘われて食べ物をつまんだりしながら街の散策をするので、夜の街では必ずその土地の名物料理を味わうことができ、また街の活気を体で実感できるためだ。

 こうした期待を胸に抱いて日本を訪れた中国人は、日本の夜の街を見て「人が全然いないではないか」と衝撃を受けるという。日本人からすれば、日本の夜の街は静まり返っているほど人がいないわけではないし、それなりに賑やかではないかと思うことだろう。しかし、中国では夜になると何処からともなく屋台が出てきて通りに並ぶ「夜市」がどこの街にもあって、昼間と違った景色が広がる。人気の場所はすれ違うのも困難なほど多くの人が繰り出すので、まるで祭りの縁日のような状態になることもあるほどだ。こうした期待を持っているので、中国人が日本の夜の街を見て「人がいない」とがっかりするのは無理もないと言える。

 記事は、「さらに衝撃を受けるのは、日本人が街に出ない理由だ」と指摘し、「日本人は家に帰っているのではなく、残業のために会社に残っているのだ」と説明した。それで、夜の街を出歩く人が少ないのは「大半の人が残業をして、真面目に働いていることを示している」とし、日本には中国ではあまり見られない「残業文化」があるのだと主張した。そして、こうした理由を知り、夜な夜な街で遊ぶ習慣のある中国人と比較した時、「急に恥ずかしさを感じた」と吐露した。

 仕事時間が長いことが必ずしも勤勉だとは言えず、近年は働き方改革が叫ばれているように、効率の良い働き方が模索されているのが現状だ。記事も指摘しているとおり、中国の街は夜になっても活気にあふれており、日本人が中国を訪れるなら、昼と夜の街の変貌ぶりに衝撃を受けるかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
日本の空港が、利用者に対して提供する「おもてなし」ぶりがすごかった!=中国メディア

日本の空港が、利用者に対して提供する「おもて...

190カ国・地域でノービザ滞在OK、日本はどうやって「世界最強パスポート」保有国になったのか=中国メディア

190カ国・地域でノービザ滞在OK、日本はど...

日本の長寿の企業は、中国企業に欠けているものを持っている=中国メディア

日本の長寿の企業は、中国企業に欠けているもの...

日本と韓国の潜水艦を比べたら、あらゆる面で韓国に勝ち目がなかった=中国メディア

日本と韓国の潜水艦を比べたら、あらゆる面で韓...

寿司だけじゃない! 日本を訪れたら食べるべき美食はこれ! =中国メディア

寿司だけじゃない!...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ