Searchina

メニュー

ニュース

ブラジル人サッカー選手「中国はどこも大気汚染」、中国ネット上は意外な反応=中国メディア

2018-12-06 08:12

 中国では冬場になると大気汚染が深刻化する。中国北部の都市部では「暖気(ノワンチー)」と呼ばれる集中暖房システムが導入されており、石炭ボイラーを用いた暖房システムが大気汚染の大きな原因となっている。現在はガス燃焼ボイラーなどへの転換が進められているが、それでも大気汚染は解消できていない。

 中国で深刻化する大気汚染によって死亡する人の数は年間100万人に達すると言われている。PM2.5が大量に飛散している日はマスクをせずに外出することはほぼ不可能であり、視界も非常に低下するなど、大気汚染は中国の人々の生活に大きな影響を与えている。

 中国メディアの一点資訊はこのほど、Jリーグの名古屋グランパスに所属するブラジル人のジョー選手がこのほど、インタビューに対し「日本は暮らしやすい国」だと述べる一方で、中国について「どこかしこも排気ガスと大気汚染」だったと述べ、サッカー選手として本当に耐え難かったとの見方を示したと紹介する記事を掲載した。

 現在、名古屋グランパスでプレーするジョー選手は2016年シーズンに江蘇蘇寧足球倶楽部でプレーした経歴を持つ。中国で暮らしたことがあるからこそ、その言葉には説得力があるというもので、それだけ中国の大気汚染は深刻だと言える。

 ジョー選手の言葉に中国人ネットユーザーたちはどのような反応を示しているのだろうか。記事に寄せられたコメントを見てみると、「ジョー選手の発言に偽りなし。わが国の大気の質はあまりにもひどい」など、意外にも「ジョー選手の言うとおりだ」といった反応が大半を占めていた。多くの中国人も自国の大気汚染には閉口している様子が見て取れた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
日本には有名なバイクメーカーがあるのに! なぜ日本人はバイクに乗らないのか=中国メディア

日本には有名なバイクメーカーがあるのに!...

こ、これは・・・中国人が見て驚愕する、日本のある「地名」とは? =中国メディア

こ、これは・・・中国人が見て驚愕する、日本の...

日本で暮らして初めて分かった「旅行では分からない日本人の生活」=中国メディア

日本で暮らして初めて分かった「旅行では分から...

日本と韓国は先進国なのに「国民が疲弊しているように見えるのはなぜ?」=中国

日本と韓国は先進国なのに「国民が疲弊している...

中国の中央経済工作会議が迫る 米国との交渉が読めず難しい経済見通し

中国の中央経済工作会議が迫る...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ