Searchina

メニュー

ニュース

これをやると日本人に嫌われるぞ! 気をつけるべき「日本の公共交通機関マナー」=中国

2019-01-13 07:12

 今や中国全土に張り巡らされ、中国人の移動に欠かせない存在となっている中国高速鉄道。だが、空いている席を独占したり、乗務員の指示を無視するなど利用者のマナーが悪いことが中国国内で時々報道されている。一方、日本の公共交通機関では利用客のマナーが非常に良いことに驚く中国人は多い。

 中国メディアの今日頭条は3日、「日本人が嫌う行動リスト」という主題の記事を掲載し、公共の交通機関でのマナーについて伝えている。中国人からすれば特に問題ないように映る行動も、日本では「周囲から白い目で見られたり、迷惑がられる」可能性があることが驚きのようだ。

 記事は、日本人と言えば非常に礼儀正しいというイメージがあるかもしれないが、公共の交通機関を利用する人のなかには、秩序を乱す行為や他人に迷惑を掛ける行為をする人が少数ながらいると伝えている。では、日本では一体どのような行為が他人に迷惑を掛ける行為とみなされているのだろうか。記事は「携帯電話や携帯ゲーム機、ノートパソコンなどの操作音」、「車内での飲食」、「ゴミを片付けない」、「携帯電話での通話」、「大きな声でのおしゃべり」などを挙げ、日本人でもこうした行為で周りに迷惑を掛ける人がいると指摘している。

 では、中国ではどのような状況が見られるのだろうか。記事が紹介していた「迷惑行為」のほぼすべての行為が普通に見られるのが現状だ。中国高速列車は新幹線よりも割安で乗れるため多くの人に親しまれているが、乗客のマナーも様々だ。携帯電話でテレビドラマをイヤホンなしで見ている人がいたり、車内でカップラーメンを食べていたり、中国での旅の友とも言えるヒマワリの種の食べかすが床に散らかっていたりなどは日常茶飯事だ。

 また、子供がはしゃいでいても注意しない保護者、携帯電話での通話などもごく普通の光景となっている。近年では中国でも徐々にマナーが向上してきてはいるものの、多くの人の意識が変化していくまでにはまだまだ時間がかかりそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
日本が「新たな軍拡」を開始! 初の国産「長距離巡航ミサイル」開発へ=中国メディア

日本が「新たな軍拡」を開始!...

中国で突然メーデー連休が復活・・・よし、大阪に行ってみよう!=中国メディア

中国で突然メーデー連休が復活・・・よし、大阪...

イニエスタが中国ではなく日本に行ったのは、中国を毛嫌いしていたからではない!=中国メディア

イニエスタが中国ではなく日本に行ったのは、中...

日本人に比べ、中国人の親たちが子育てに苦労し、疲弊するのはなぜか=中国メディア

日本人に比べ、中国人の親たちが子育てに苦労し...

中国の農業で「SF感」が急上昇! 無人機での農作業から「豚の顔認識」まで=中国メディア

中国の農業で「SF感」が急上昇!...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ