Searchina

メニュー

ニュース

中国高速鉄道と新幹線は「どちらが優れている?」 好奇心を抱く中国人=中国メディア

2019-04-15 15:12

 新幹線は1964年に世界で最初に開業した高速鉄道システムだ。中国高速鉄道は現在、営業距離や営業速度で世界一の座を獲得しているが、その技術には新幹線をはじめとする他国の技術が導入されている。

 中国メディアの捜狐はこのほど、多くの中国人は中国高速鉄道を「誇りに思っている」と主張する一方で、新幹線と中国高速鉄道のどちらが優れているのかという点に「大きな関心と好奇心を抱いている」と伝えつつ、中国人の見解として新幹線と中国高速鉄道を比較する記事を掲載した。

 記事は、中国高速鉄道は規模や建設速度が世界から高く評価されていると伝え、インフラ建設という点において、西洋諸国ではできないことを社会主義国の中国はあっという間に成し遂げることができると主張。中国が高速鉄道というインフラ建設を熱心に行ったおかげで、中国人は国内の移動が極めて便利になったと指摘し、訪中する外国人の多くは中国高速鉄道に羨望の眼差しを向けると主張した。

 続けて、新幹線は世界で初めて開業した高速鉄道システムであり、世界の高速鉄道は全て新幹線から始まったと指摘する一方で、中国人の多くは新幹線と中国高速鉄道のどちらがより優れているのかについて、「好奇心と共に疑問も抱いている」と主張。外見だけを見比べても、ノーズが細長い形状をしている新幹線に対し、中国高速鉄道はノーズが短いという違いがあるとしたほか、乗客の立場で言えば「中国高速鉄道は営業速度が新幹線より上で、しかも揺れが少なく、車内は快適だ」と強調した。

 また記事は、車内の安定性や平穏性はそれだけ中国高速鉄道の技術が高いことを示していると主張し、技術力がなければ安定した走行は不可能だと主張。それゆえ、現在は新幹線よりも中国高速鉄道の方が優れていると言えるのではないかと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
これが日本車なのか・・・25年前のトヨタ・クラウンに衝撃=中国報道

これが日本車なのか・・・25年前のトヨタ・ク...

経済がこんなに発達している日本で、どうして超高層ビルが少ないのか=中国メディア 

経済がこんなに発達している日本で、どうして超...

株式新聞Web・1カ月無料購読キャンペーンを実施中――有力情報が続々!

株式新聞Web・1カ月無料購読キャンペーンを...

日本に残る「唐の面影」 唐の文化を見たければ、京都に行くべき=中国報道

日本に残る「唐の面影」...

中国では相手にされない「ある果物」、日本人の生活には無くてはならないものに=中国報道

中国では相手にされない「ある果物」、日本人の...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ