Searchina

メニュー

ニュース

中国で増える日本のアニメ映画の上映「外国映画は制限されているのに一体なぜ?」=中国

2019-06-11 22:12

 世界的に人気が高い日本のアニメ。中国も例外ではなく、外国映画の上映数が制限されているにも関わらず、日本アニメ映画の上映数は年々増えている。中国メディアの新京報は10日、日本のアニメ映画の上映がこれだけ多いのはなぜか分析する記事を掲載した。

 中国で公開される日本のアニメ映画は、最新作ばかりではない。昨年は、30年前に日本で公開された「となりのトトロ」が中国で初めて上映され興行収入は1億7300万元(約27億円)と大成功を記録した。今月21日には、「千と千尋の神隠し」も中国で上映されるが、前評判がかなり高い。

 しかし、日本のアニメ映画が中国で成功するようになったのは、ごく最近のことだと記事は指摘している。以前もドラえもんやコナンが上映されたことはあるが、いずれも大ヒットには遠く及ばず、2012年からの3年間は日本のアニメ映画が上映されることはなかったという。もっとも、これには尖閣諸島(中国名:釣魚島)問題が大きく影響したと思われる。

 転機になったのは2015年に上映された「STAND BY ME ドラえもん」だという。これは、5億3000万元(約84億円)の興行収入を記録する大ヒットとなった。それまで6年間ドラえもんシリーズは中国で上映されておらず、期待以上だったと言えるだろう。これをきっかけに、日本のアニメ映画は中国で次々と上映され、年々その上映数は増えていると伝えた。2017年には5本、2018には6本、今年に入ってすでに9本と、着実に増えていることが分かる。

 それにしてもなぜ急に日本のアニメ映画が上映されるようになったのだろう。記事は、「日本のアニメはもともとレベルが高い」と指摘。これに加え、「中国市場の成熟」で好みが安定してきたため、上映しやすくなったようだ。また、以前は日本にかなり遅れて上映していたが、最近ではほんの3カ月ほどのタイムラグで上映できるため、新鮮さを失わないことも人気の理由になっていると伝えた。

 かつては多くの中国人が海賊版で日本のアニメを鑑賞していたことを考えると、正式に版権を買った日本のアニメを映画館で見るようになったことは歓迎すべきことではないだろうか。質の高い日本アニメ映画が今後も続々と中国で上映されていくに違いない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
日本政府のレジスト輸出許可に、韓国メディアは疑心暗鬼「心の内はまだ分からない」

日本政府のレジスト輸出許可に、韓国メディアは...

「彼はキスをしただけ」 飲酒運転で珍妙な言い逃れ=中国メディア

「彼はキスをしただけ」...

中国で増え続ける店舗数、中国人はなぜユニクロを愛してやまないのか=中国メディア

中国で増え続ける店舗数、中国人はなぜユニクロ...

減速する中国自動車市場、「車が売れないのではなく、日系車しか売れない」=中国メディア

減速する中国自動車市場、「車が売れないのでは...

わずか10年間で・・・「日本料理は中国で高級店としての地位を確立した」=中国メディア

わずか10年間で・・・「日本料理は中国で高級...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ