Searchina

メニュー

ニュース

もし日本と韓国が軍事衝突したら・・・勝利を収めるのはどちらか=中国メディア

2019-07-01 12:12

 慰安婦問題などを巡って日韓関係が冷え込んでいる。日韓両国はともに米国の同盟国であり、両国が軍事衝突する可能性は極めて低いものの、中国メディアの今日頭条は28日、あくまでも仮定の話として、「もし日韓が軍事衝突した場合、勝利を収めるのはどちらの国か」を考察する記事を掲載した。

 記事は、日本と韓国の関係はこれまで「良好」だった時期はないと言っても過言ではないほど、微妙な関係が続いているとし、それは日本が朝鮮半島を侵略したことが根源にあると主張。さらに歴史問題だけではなく、竹島(韓国名:独島)をめぐる対立もあることを強調し、日韓の絶え間ない対立は両国の関係を悪化させ続けていると指摘した。

 続けて、日韓両国は米国の同盟国であり、日韓両国が軍事衝突すれば米国にとって利益はないと指摘し、米国がいるからこそ日韓は竹島問題などで衝突しないで済むのだと主張する一方、もし米国が制止せずに日韓の軍事衝突がぼっ発した場合はどちらが勝つのだろうかと疑問を投げかけた。

 これに対し、もし日韓の戦争が勃発すれば、海軍と空軍による戦いになると指摘。さらに、国防予算では日本の方が韓国より多いため、日本の方が優れた装備を持っていることが推測できると強調する一方、韓国軍は北朝鮮の脅威に備えるために米軍と頻繁に訓練を行っていてよく鍛えられていると推測されるほか、保有する戦車や軍艦の数は韓国の方が多いと指摘した。また、日本は憲法や米軍によって軍事面での大きな足かせが存在することから、実際に日韓が戦争すれば韓国が勝つ可能性が高いと主張した。

 韓国の軍事力を比較しているグローバルファイヤーパワー(GFP)によれば、2019年の軍事力ランキングで日本は6位、韓国は7位となり、両国の軍事力には大差ないと言えそうだ。記事の主張はあくまでも仮定に基づくものであり、両国の軍事衝突は起きないことを希望したいところだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
日本人には本当にモラルがある? その両面性を見過ごしてはいけない=中国メディア

日本人には本当にモラルがある?...

ベトナム人はなぜ「軍隊のようなトレーニング」を受けてまで、日本で働きたがるのか=中国

ベトナム人はなぜ「軍隊のようなトレーニング」...

中国の地方政府の「幹部」が「視察のために日本を訪れている」理由=中国メディア

中国の地方政府の「幹部」が「視察のために日本...

日本は大国なのか、それとも小国なのか=中国メディア 

日本は大国なのか、それとも小国なのか=中国メ...

わが国が日本の農業に追い付くには「少なくともあと50年はかかる」=中国メディア

わが国が日本の農業に追い付くには「少なくとも...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ