Searchina

メニュー

ニュース

これだけ売れているのに! 謙虚な姿勢を崩さないトヨタは「恐ろしい」=中国メディア

2019-10-15 08:12

 世界の自動車市場において、日系車は好調な売り上げを見せている。トヨタは2019年3月期決算で日本企業初となる売上高30兆円を突破し、2020年3月期も30兆円を維持する見込みだ。これは中国市場で高級車ブランド「レクサス」などが伸びたことも大きいようだ。中国メディアの今日頭条は11日、これだけ売れているにもかかわらず、謙虚な姿勢を崩さないトヨタは「恐ろしい」とする記事を掲載した。

 記事は、日本車メーカーは順調なのに慢心せず、失敗があれば潔く謝罪する態度があると感心している。記事によると、自動車とは工業化時代の製品であって、問題が起きること自体は悲しいことでも恐ろしいことでもないが、「企業が責任を負うことをしようとせず、役員が責任を取ろうとしないことの方が恐ろしい」と指摘している。

 この点、かつてブレーキ問題が起きた時のトヨタは問題から逃げなかったと記事は称賛。「中国メーカーはこの姿勢をよく学ぶべきだ」と論じている。それで、「日本人の対処の方法が企業の真面目さを決定付けている」と称賛、これは否定しようのない事実だとしている。

 このほか、日本の自動車メーカーは「世界トップレベルの部品メーカー」と戦略的パートナーとなっていることも、強さの要因だと記事は分析。自動車は多くの部品を組み立てて製造するので、部品メーカーは重要だからだ。

 また、日本の自動車メーカーは技術開発への投資額が非常に高く、トヨタの場合は2016年の研究開発費は80億ユーロ(約9500億円)、今年は1兆円ほどを投入していると紹介。この点、中国の自主ブランドにも真似してもらいたいところだが、それほど大きな投資ができるだけの利益がないため、中国の全自動車メーカーを合わせてもトヨタ1社にもかなわないと次元の違いを強調している。

 どんな企業や個人でも、慢心し謙虚さを失った時が危険と言えるだろう。トヨタをはじめ日本の企業は、これからも多くの人から「謙虚」と言われるような姿勢を保ち続けるはずで、これからも中国人は「恐ろしく」感じ続けることだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
中国人旅行客に「帰国したくない」と思わせるほど素晴らしい日本のサービス=中国

中国人旅行客に「帰国したくない」と思わせるほ...

中国人は日本のテレビを評価しているのに、日本人が購入しているのは・・・=中国

中国人は日本のテレビを評価しているのに、日本...

中国人が日本で生活するにあたって「決して取ってはならない行動」とは=中国メディア

中国人が日本で生活するにあたって「決して取っ...

やはり日本は製造業強国、数多くの隠れたチャンピオン企業=中国メディア

やはり日本は製造業強国、数多くの隠れたチャン...

日本とは正反対・・・中国でコンパクトな車がますます売れない理由=中国メディア 

日本とは正反対・・・中国でコンパクトな車がま...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ