Searchina

メニュー

ニュース

中国人の心も掴む日本のコンビニ、「ちょっと尋常じゃない」=中国メディア

2019-11-08 05:12

 日本中、いたるところにあるコンビニエンスストア。2019年7月現在で全国に5万6936軒あり、コンビニなしの生活は考えられないほどになった。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本のコンビニを「尋常ではない」と紹介する記事を掲載した。日本のコンビニの便利さを知ると、「日本人がコンビニなしではいられない」理由がわかるそうだ。

 中国にも「便利店」と呼ばれるコンビニは多く存在する。しかし便利さでいえば圧倒的に日本のコンビニに軍配が上がるだろう。では日本のコンビニのどこが「尋常ではない」のだろうか。

 記事は、日本のコンビニはほとんど24時間営業で国民の「冷蔵庫」代わりになっているほか、日本中どこにでもあると紹介。また、食事や飲み物の種類が多く、いずれも「専門店にも引けを取らない」おいしさで、日用品、医薬品、雑誌も販売していると伝えた。

 記事によると、日本のコンビニは、日用品はスーパーで購入して、「時間がないときに何かさっと食べられるものを買う」だけの存在の中国のコンビニとは違うと指摘。また、中国で販売している食品は賞味期限の長いものが多いが、日本では毎日新鮮な食料品が配送され、季節ごとに新商品が出るので飽きがこないと違いを紹介した。

 さらに、日本のコンビニは様々なサービスを提供している。公共料金の支払い、コピー、写真の現像、映画などのチケット販売もあり、トイレも貸してくれて「日常のすべてのニーズをまかなってくれると言っても大げさではない」と称賛した。そのうえ、災害時には帰宅支援ステーションとしての役割を果たすこともある。また、カラオケと一体化したコンビニなどもあり、日本のコンビニが進化を続けていることを伝えている。

 日本のコンビニは、中国人からすれば「尋常ではない」と言われてもおかしくないほど「便利な店」と言えるだろう。実際、日本のコンビニを利用したことのあるネットユーザーらからも称賛の声が寄せられている。日本旅行では「1日3食コンビニ弁当だった」というユーザーは、コンビニの食事はおいしくてどこにでもあるので便利だったと振り返り、別の人も「日本旅行中毎日通う」ほど気に入り、お土産もコンビニで調達したそうだ。「尋常ではない」日本のコンビニはすっかり中国人の心もつかんでいるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
日本が残業大国だと思ったら大間違い! 中国こそが残業大国=中国メディア

日本が残業大国だと思ったら大間違い!...

日本のユニットバスに驚き! たった2平米にトイレとバスタブと洗面台を詰め込むなんて=中国

日本のユニットバスに驚き!...

日本人女性は大変だ・・・「したくても、できないことがこんなに!」=中国

日本人女性は大変だ・・・「したくても、できな...

【コラム】幻の東京の第1回オリンピックから2022年北京冬季オリンピックへ

【コラム】幻の東京の第1回オリンピックから2...

わが国が日本に遠く及ばない点・・・追いつくのはまだまだ先だ=中国メディア 

わが国が日本に遠く及ばない点・・・追いつくの...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ