Searchina

メニュー

ニュース

日本旅行のリピーターが語る「日中の文化のおもしろい違い」=中国メディア

2019-12-02 23:00

 文化的背景を異にする存在同士のコミュニケーションを異文化コミュニケーションというが、旅行などで海外を訪れるとこの異文化コミュニケーションを体験することができ、多くの違いに気が付く。中国メディアの今日頭条は22日、日本に何度も旅行に来たことのある中国人による「おもしろい文化の違い」を紹介する記事を掲載した。

 記事の中国人筆者は、旅行で何度も日本に来ているうちに、中国人と日本人の生活習慣や考え方の違いを感じ、「面白いものもあるし学ぶこともある」と伝え、これまでに気が付いた点を複数紹介した。まず1つは「買い物をすると商品をビニール袋に入れてくれる」こと。中国ではすでにスーパーなどではビニール袋の有料化が定着しているが、日本ではどんなに少ししか買わなくても袋に入れてくれることに驚き、日本の袋はデザイン性に優れているものが多いため、「もらった袋を全部中国に持って帰った」そうだ。

 2つ目は「ゴミの分別」の細かさ、3つ目はレストランなどで「どんなに寒い時でも氷水が出てくる」こと、4つ目は中国にはない「交通整理という面白い職業」があること、5つ目には「タクシーの運転手は高齢者」が多いことだと紹介した。6つ目は「バスの運転手が乗客に親切」なことで、乗客が降りないうちに走り出すことはなく、車いす利用者を手伝ってくれるほどだと感心した。

 7つ目は「ごみ箱が見当たらない」こと、8つ目は「ラーメンとご飯」のセットがあることで、主食と主食の組み合わせは奇妙に感じるようだ。9つ目は日本には「1日が24時間以上」あることを紹介。営業時間を深夜2時までという意味で「26時」までと表示してあるレストランがあったと伝えている。10つ目には天津飯など「中国にはない中国料理がある」と紹介した。

 残りは、「公共交通機関の利用者が礼儀正しい」こと、「電車の自動改札は常に開いていること」、「バス停の時刻表」があり時間に正確なこと、「喫煙場所が決められていること」、こちらが気まずくなるほど「店員が礼儀正しい」こと、「ホテルの価格」が1部屋あたりでなく人数ごとに計算されることを紹介した。

 中国人旅行者は、日本のいろいろなところで「面白いことや考えさせられること」を感じているようだ。筆者は、「旅行で視界が広くなった」そうだが、こうした異文化コミュニケーションから多くの点を学び良い啓発になると言えるだろう。ぜひ多くの中国人に日本の良い文化を学んでもらいたいものである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
日本が残業大国だと思ったら大間違い! 中国こそが残業大国=中国メディア

日本が残業大国だと思ったら大間違い!...

日本のユニットバスに驚き! たった2平米にトイレとバスタブと洗面台を詰め込むなんて=中国

日本のユニットバスに驚き!...

日本人女性は大変だ・・・「したくても、できないことがこんなに!」=中国

日本人女性は大変だ・・・「したくても、できな...

【コラム】幻の東京の第1回オリンピックから2022年北京冬季オリンピックへ

【コラム】幻の東京の第1回オリンピックから2...

わが国が日本に遠く及ばない点・・・追いつくのはまだまだ先だ=中国メディア 

わが国が日本に遠く及ばない点・・・追いつくの...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ