Searchina

メニュー

ニュース

これこそ文明的な社会だ! 日本はどこを見ても「細部まで美しい」=中国

2020-10-17 11:12

 日本は国民全体の「民度の高さ」で中国人に称賛されてきたが、それは中国が目指してきた「文明的な社会」が日本にあるということなのだろう。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本は文明都市として細部まで美しいと紹介する記事を掲載した。

 記事の中国人筆者は、日本に何度も来たことがあるそうで、「日本に詳しい」ことを自負しているそうだが、それでも「日本を訪れるたびにカルチャーショックを受ける」と文明の高さを称賛している。では、どのようなところに衝撃を受けるのだろうか。記事の筆者は、どこを見ても「細部まで美しい」と伝えている。

 日本人に道を尋ねると、あまりに真剣に助けてくれるので申し訳なくなるほどで、店に入ると傘の種類の多さに驚くと紹介。レストランに入ると、子ども用食器が当たり前のように置いてあることに衝撃を受け、「細かいところまで至れり尽くせりだ」と感動を振り返っている。

 こうした細部に見られる親切はありとあらゆるところにみられ、食の安全、治安、女性や子ども、高齢者、障害者に優しいところ、ごみ処理、国宝を守ることなど多岐にわたると紹介している。食の安全1つとっても、水道水がそのまま飲めることや、賞味期限と賞味期限を明記すること、食品にQRコードを付けて生産者情報を知ることができるシステムなど、いかに「至れり尽くせり」であるかを伝えている。

 筆者は結論として、文明的な国というのは「ただ生きていければ良いというわけではない」と指摘。日本は「細部まで美しく、温かみがある」と伝えている。毎回日本に来るたびに、人の温かみを感じたのだろう。中国はどんどん近代的な設備を導入して便利になっているが、中国の目指す文明的な社会になるためには、日本を参考にできるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
【コラム】中国の第14次5カ年計画と2035年までの長期目標について考える

【コラム】中国の第14次5カ年計画と2035...

新幹線と中国高速鉄道の「ノーズ」の違い・・・形状はなぜ違うのか=中国

新幹線と中国高速鉄道の「ノーズ」の違い・・・...

その昔、日中合作で最高傑作級の歴史映画が作られていた=中国メディア 

その昔、日中合作で最高傑作級の歴史映画が作ら...

日本の寝台列車を見れば「言葉を失う・・・それが現実」=中国

日本の寝台列車を見れば「言葉を失う・・・それ...

食用のシカ、サル、そして杉・・・神秘と魅力に満ちた日本の「島」=中国メディア 

食用のシカ、サル、そして杉・・・神秘と魅力に...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ