Searchina

メニュー

ニュース

強い・・・過去11回世界記録を塗り替えた日本競泳の「最強種目」にまた新星

2021-04-08 15:12

 中国のポータルサイト・百度に7日、日本の競泳において過去6度五輪で金メダルを獲得し、11回も世界記録を塗り替えた「とてつもなく強い種目がある」とする記事が掲載された。

 記事は、7日に行われた競泳日本選手権の男子200メートル平泳ぎ決勝で、20歳の大学生・佐藤翔馬選手が世界記録まであとわずかに迫るアジア新記録の2分6秒40で優勝し、同種目の東京五輪出場権を獲得したと紹介。日本の競泳界では「アジア記録」は意識されず、日本記録か世界記録のみが認定の対象になっているとし、特に、男子200メートル平泳ぎは「日本記録すなわち世界記録ないしは世界最高レベルの記録」という状況にあるため、アジア記録を意識するまでもないのだと伝えている。

 その上で、男子200メートル平泳ぎについて、歴代の日本人選手6人が11回にわたって世界記録を塗り替え、4人が6度にわたって五輪チャンピオンに輝き、銀メダルも3回、銅メダルも3回獲得しているという、日本の伝統的な「超得意種目」なのだと紹介した。

 そして、古くは鶴田義行さんが1928年、32年五輪の同種目で2大会連続金メダルを獲得し、29年には世界記録を更新したのが最初で、次に古川勝さんが4度にわたり世界記録を破り、56年の五輪同種目で金メダルを獲得。また、同じ時期には早稲田大学の田中守さんが一度世界記録を更新したとしている。

 それから半世紀ほどの時間が経過し、北島康介さんが2004年、08年の五輪で連覇を達成し、世界記録を3回塗り替えたと紹介。12年には18歳の誕生日を迎えたばかりだった山口観弘さんが、17年には渡辺一平さんがそれぞれ世界記録を1回ずつ塗り替えたとした。

 記事は、現在の世界記録であるロシアのアントン・チュプコフ選手の2分6秒12に次ぐ世界歴代2位の記録を出した佐藤選手について「日本競泳界最強種目の伝承する、またとない新世代の選手となった」と評している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)
中国人の率直な意見「北京が東京に及ばない点はこれだ」=中国

中国人の率直な意見「北京が東京に及ばない点は...

日本人は商売がうまい・・・中国人が舌を巻く「日本の農業の凄さ」

日本人は商売がうまい・・・中国人が舌を巻く「...

うっかりすると犯罪に・・・日本でくれぐれもやっちゃいけないこと 

うっかりすると犯罪に・・・日本でくれぐれもや...

まさかここまでとは! 日本で「商品パッケージと実物」を比較して衝撃=中国

まさかここまでとは!...

日本で働き、手にしたもの・・・「お金以上に貴重な財産」とは=中国

日本で働き、手にしたもの・・・「お金以上に貴...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ