ドル円は欧州時間の朝方に110円80銭まで上昇したが、NYでは7月のCPIの上昇ペースが鈍化していたことを受け下落。110円32銭まで売られる。ユーロドルは反発。1.1755まで買い戻されたが、依然として流れはユーロ安方向に。株式市場は前日と同様の展開。ダウとS&P500は連日で最高値を更新したが、ナスダックは続落。債券相場は反発。7月のCPIが上昇ペースを鈍化させたことで買い戻しが入る。長期金利は1.33・・・・

続きを読む