ドル円は底堅い動きを見せ、NYの午後には110円台を回復したが、110円台維持はならず押し戻される。FOMC議事録で年内のテーパリング開始予想が明らかになったことがやや重荷に。ユーロドルは続落し、節目の1.17台を割り込む。一時は1.1694までユーロ安が進み、2020年11月4日以来となる水準を示現。株式市場は3指数が揃って続落。堅調に推移していた株価はFOMC議事録公開を境に売りが加速。ダウは382ドル・・・・

続きを読む